Lapiluca's

思い付いてしまった事を記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目線



人と同じ目線で物を見続ける事は難しい事でしょうか。


小さな子供と話す時には膝を着いて同じ目線で話をする。

苦しんでいる人が居れば、その苦しみを極限まで理解しようとする。


それが生きていく中でどれほどの辛さに変わるか分りませんが

その、自然に溶け込むような生き方を目指したいのです。


やり過ぎだって言われてもいい。そんな感じです。


スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 23:25:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
| ホーム | 泣いている場合ではない>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2013/01/16(水) 20:48:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://lapiluca.blog100.fc2.com/tb.php/17-3be5a768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Counter

Profile

Lapiluca

Author:Lapiluca
音楽がお好きです。

Newest

Candle Night

Twitter on FC2

Archives by Months

Calender

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Categories

未分類 (14)

Newest Comment

Links

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。